毎日の体の中でできるいらないものや体の外から侵入してくる細菌やウイルス。白血球はそれらから体を守り、元気にしてくれます。その白血球の栄養のもとを「BRM」といいます。(Biological Response Modifier)

体を守る白血球

かぜをひきやすい人とかぜをひきにくい人、傷が治りやすい人とそうではない人…、なぜ人によって違うのでしょう?答えは体の中の「体を守る力」にあります。

毎日体の中でできるいらないもの、体の外から入ってくるウイルスや細菌・有害物質。白血球はこういった「体にとってよくないもの」から体を守り、体をキレイに、元気にしてくれます。

白血球には「マクロファージ」「好中球」「好酸球」などの種類があり、それぞれ体の中にウイルスや細菌がないか、血管にたまった脂肪がないか、常にパトロールしています。

その白血球の栄養源と言われているのがBRMという成分です。白血球が強く、正しく働くためには、BRMが大切になってきます。

BRMを多く含む食べ物

一般的な食品では、レタスや白菜などの淡色野菜や果物、海草などに含まれています。

<野菜>
レタス・キャベツ・白菜・小松菜・ブロッコリー
<海草>
ヒジキ・コンブなど
<果物>
バナナ・スイカなど
<乳酸菌>
EF-2001など

ビタミン豊富な緑黄色野菜と違って、淡色野菜は栄養があるイメージは少ないと思います。乳酸菌でも、ヨーグルトなどの方が有名ですよね。

しかし、こうした食品にこそ、白血球の栄養源であるBRMが多く含まれていたのです。

なかでもEF2001乳酸菌はBRMを豊富に含んでおり、これを摂ることで、効果的に白血球の栄養を摂ることができます。

野菜イメージ

もちろん、基本的な栄養素を摂ることは大切です。
それに加えて、BRM食品を摂ることで、体のバランスを整え、元気な白血球を維持することが、より健やかな毎日につながります。

豊富なBRMが体の元気をサポート

元気のための乳酸菌サプリメント
「ベルムカインソフト」
1.2g×50包入り ¥ 10,000
---------------
特許取得の乳酸菌、EF-2001乳酸菌が1包に1兆個。粉末タイプで、そのままでも飲み物やお味噌汁に入れてもいただけます。明日の元気のために「体を守る力」をサポートします。